クレンジングオイルを使い分けて、肌への負担を減らそう

クレンジングオイルを使用する際の最大の注意点はできるだけ肌に刺激をもたらさないことです。クレンジングの負担が積み重なることで乾燥や老化が進んでしまい、敏感肌やシミ、くすみ、小じわといった肌トラブルの原因を作ってしまう恐れがあります。

部分ごとに洗浄力の異なるクレンジングを

クレンジングオイル

それを防ぐためにはまずできるだけ低刺激なクレンジングオイルを選ぶことが大前提なのですが、加えて場所に合わせて適切なものを使い分けるのもポイントです。

 

低刺激のクレンジングオイルを使用するのはよいものの、十分な洗浄力を備えていない製品を使うと本来の目的であるメイクと汚れを落とすという効果が得られず、クレンジングを行った意味そのものが失われてしまいます。

 

ですから皮脂の分泌量が多いTゾーン、メイクの塗りが厚くなる頬の辺りには洗浄力が強めのクレンジングオイルを選び、乾燥しやすく、刺激に敏感な目元には低刺激な製品を優先して使用するといった使い分けの工夫も求められるのです。

 

また季節に合わせて使い分けるのもオススメです。皮脂の分泌量が多くなる夏場と肌が乾燥しやすくなる夏場ではクレンジング環境も大きく異なってきます。夏場は洗浄力を重視、冬場は低刺激を重視するなど柔軟に使い分けていくよう意識していきましょう。

年齢や季節によってもクレンジング使い分けが必要

クレンジングオイル

もうひとつ、自分の年齢に合ったクレンジングオイル選びも求められます。30代を過ぎると老化が加速していくうえに季節や周囲の環境、さらに体調の影響によって肌環境が変化しやすくなります。

 

その時々に合ったクレンジングオイルを使用するのはもちろん、メイク環境も見直してましょう。目元や口元など乾燥しやすい部分はポイントメイクで保湿効果を行ったり、皮脂の分泌量が多いところはなるべく薄めのメイクでクレンジングの負担を和らげるといった工夫が求められます。

 

ポイントメイクとクレンジングオイルの使い分けをうまく組み合わせれば年齢による衰えと肌環境の悪化を効果的に予防することができるはずです。化粧水や美容液でエイジングケアを行っていくうえでの土台としてこうした対策を心がけてみましょう。

洗浄力が高いのに肌に優しいクレンジングオイルベスト3は?

洗浄力と肌への優しさで選んだ一度は使ってみたいクレンジング剤!

アテニア クリア オイルクレンズ

クレンジングオイルおすすめ

@コスメクレンジングオイル部門1位!落とすだけでなく肌色まで明るくするクレンジング
1,836円 ※今ならプリマモイストローションU(14日分・初めての方1回限り)付!
>>アテニアの公式ホームページで詳しく見てみる!
ファンケル マイルドクレンジングオイル

クレンジングオイルおすすめファンケル

メイク・ザラつき・毛穴づまりも落とすファンケルの大人気クレンジングオイル
1か月分トライアルボトル1,050円相当→500円・税込 通販限定
>>ファンケルの公式ホームページで詳しく見てみる!
ポーラ Dクレンジングオイル

クレンジングオイルおすすめD

抜群の洗い上がり!肌の老化を進める成分を洗い流しながら独自の保湿成分がしっとり肌を実現!
3,888円・税込
>>POLAの公式ホームページで詳しく見てみる!