マツエクしてるけど、クレンジングオイルを使っても大丈夫?

マツエク(まつげエクステ)を行っている方はクレンジングは厳禁とよく言われます。せっかくつけたまつげエクステに負担がかかってしまうだけでなく、その周辺の肌にも悪影響が生じてしまうからです。ただ、一方ではマツエクしている間にクレンジングを行わずにいると汚れがしっかり落とせずやはり肌に悪影響をもたらしてしまう恐れもあります。

マツエクをしたために、自分のまつげが減ってしまうこともある

クレンジングオイル

マツエクの間クレンジングを行わない状態を続けているとその部分に汚れだけでなくアイメイクやラメなどのが溜まっていきます。

 

それがどんどん毛穴を詰まらせると肌トラブルの原因となるだけに留まらず、毛根部に負担をかけることで自分のまつげの育毛・発毛の阻害になってしまいます

 

まつげが少ないからボリュームをアップするためにマツエクを行った結果、ますますまつげのボリュームが減ってしまうという悪循環に陥ってしまう恐れもあるわけです。

 

ですからマツエクはクレンジングができる程度に留めておくことはもちろん、マツエクをしている時にも使用できるクレンジング環境を整えておくことが大事です。

 

クレンジング環境に関してはオイル分が多いクレンジングオイルではなくジェルタイプがオススメです。オイルタイプだとエクステや肌への負担が大きくなってしまうだけではなく、液状なので塗付するが難しく思うようにエクステの部分に使用することができないからです。

 

ジェルタイプなら必要分を手にとって必要な場所に塗付しやすいですし、清涼感があって使い心地がよいのでマツエクをしている状態でも不快感を感じることなく使用していくことができます。

低刺激なクレンジングで綿棒やコットンを使用して

クレンジングオイル

また、現在ではオイルフリー、界面活性剤フリーのクレンジング剤も登場しています。洗浄力はクレンジングオイルに比べると劣りますが、低刺激で肌に負担をかけずに使用していくことができます。

 

ジェルタイプ以外のクレンジング剤では綿棒やコットンを使うのがオススメです。綿棒は細かな部分に塗付するのに適している上に摩擦による負担を最小限に抑えることができるのでとくにオススメ。コットンはまつげの際などじっくりとしみこませる時に使用すると効果的です。

 

このように、マツエクしている方は基本的にはクレンジングオイルではなくより低刺激で塗付しやすいものを選ぶのが原則です。ベースで使用するクレンジングオイルとは別にマツエク用のクレンジング剤を用意しておくべきでしょう。製品選びと使い方のコツの両方を踏まえたうえでうまくマツエクを長持ちさせるケアを行っていきたいところです。

洗浄力が高いのに肌に優しいクレンジングオイルベスト3は?

洗浄力と肌への優しさで選んだ一度は使ってみたいクレンジング剤!

アテニア クリア オイルクレンズ

クレンジングオイルおすすめ

@コスメクレンジングオイル部門1位!落とすだけでなく肌色まで明るくするクレンジング
1,836円 ※今ならプリマモイストローションU(14日分・初めての方1回限り)付!
>>アテニアの公式ホームページで詳しく見てみる!
ファンケル マイルドクレンジングオイル

クレンジングオイルおすすめファンケル

メイク・ザラつき・毛穴づまりも落とすファンケルの大人気クレンジングオイル
1か月分トライアルボトル1,050円相当→500円・税込 通販限定
>>ファンケルの公式ホームページで詳しく見てみる!
ポーラ Dクレンジングオイル

クレンジングオイルおすすめD

抜群の洗い上がり!肌の老化を進める成分を洗い流しながら独自の保湿成分がしっとり肌を実現!
3,888円・税込
>>POLAの公式ホームページで詳しく見てみる!