オイルタイプ以外にも様々なタイプのクレンジング剤があり、メリット・デメリットも様々

クレンジング剤といえばオイルタイプがもっとも一般的ですが、実際にはほかにもさまざまな種類が登場しています。オイルタイプのデメリットを改善する目的で続々と新たな種類が登場している状況でもあります。それだけにこれからクレンジング剤を新たに選ぶ場合にはそれぞれの種類のメリット・デメリットをよく把握したうえで選んでいくことが大事です。

クレンジングで最も基本的なものはオイルタイプ

クレンジングオイル

オイルタイプのメリットは洗浄力に優れていること、デメリットは肌への負担が大きいことです。そのため基本はオイルタイプ、しかしそれでは肌への負担が大きすぎる、肌質に合わないといった場合に他のタイプを選ぶことになります。

 

オイルタイプ以外で現在人気を得ているのがクリームタイプです。オイルタイプよりもオイル分が少なめでマイルドな刺激なのが特徴です。水分とオイル分のバランスがよいので肌の潤いを保ちながら洗える点も魅力です。ただオイル分よりも洗浄力が劣ります。

 

クリームタイプよりもさらにマイルドな刺激なのがミルクタイプ。乾燥肌・敏感肌で思うようにクレンジングができない方にオススメのタイプですが、洗浄力が弱く、乳化するのに時間がかかってしまうというデメリットもあります。メイク環境によっては十分に落とすことができずかえって肌への負担が増してしまうことも。

ジェルタイプは使い心地はいいが洗浄力が強い

クレンジングオイル

ジェルタイプはその名の通りジェル状をしているタイプで、使い勝手の良さが最大のメリットです。肌になじみなじみやすく、摩擦による刺激が少ないのも魅力です。使い終わった後の清涼感もメリットとして挙げられるでしょうか。一方洗浄力はクリームタイプよりも強いものが多く、心地よく使えるようでいて実際には肌への負担が大きいこともあるので見極めが難しいのがデメリットとして挙げられます。

 

現在ではオイル分や界面活性剤を使用しないタイプも登場しています。洗浄力と刺激のバランスを考慮したうえでどのタイプ、どの製品が自分にもっとも適しているのかをしっかりと見極めていきたいところです。

洗浄力が高いのに肌に優しいクレンジングオイルベスト3は?

洗浄力と肌への優しさで選んだ一度は使ってみたいクレンジング剤!

アテニア クリア オイルクレンズ

クレンジングオイルおすすめ

@コスメクレンジングオイル部門1位!落とすだけでなく肌色まで明るくするクレンジング
1,836円 ※今ならプリマモイストローションU(14日分・初めての方1回限り)付!
>>アテニアの公式ホームページで詳しく見てみる!
ファンケル マイルドクレンジングオイル

クレンジングオイルおすすめファンケル

メイク・ザラつき・毛穴づまりも落とすファンケルの大人気クレンジングオイル
1か月分トライアルボトル1,050円相当→500円・税込 通販限定
>>ファンケルの公式ホームページで詳しく見てみる!
ポーラ Dクレンジングオイル

クレンジングオイルおすすめD

抜群の洗い上がり!肌の老化を進める成分を洗い流しながら独自の保湿成分がしっとり肌を実現!
3,888円・税込
>>POLAの公式ホームページで詳しく見てみる!